約束手形・割引を名古屋で提供する会社ランキング

小切手を現金化する方法


e3994a40a88e201c1387ea2bf23cd3f5_s

ランキングはこちら

小切手を現金化するためには決済手続き上にあるルール、そして流れといったものがあります。

手形を金融機関に持って行きさえすればすぐに現金を受取ることができる、というわけではありません。
一般的な線引小切手を現金化してからお金を引き出すのであれば最低でも2日程度かかります。
銀行によって多少の違いはありますが、最低でも3営業日くらいの日数はかかります。

また、小切手振出し金融機関と同じ銀行だとしても、支店が異なればある程度時間がかかります。
さらに実際に現金化をして引き出すには長い時間を要することになります。

小切手の現金化

小切手を現金化するまでには決められた流れがあります。
取引銀行に行ってから提示をした小切手が交換所に持ち出されます。

そして小切手の振出しを行った銀行に持ち出されてから決済されます。
こういった手続きを踏むことによって別の区域における交換所を一度経由することもあります。

その場合には数日かかることもありますので即日現金化というわけにはいきません。
ただし、小切手の振出し金融機関と同じ系列の支店に持ち込んで、口座があるのなら即日換金もできます。

小切手のチェック

小切手には法律で決められている小切手要件というものが記載されています。
もしも記載されていなければ無効になりますので換金することはできません。
小切手を受け取る場合にはその記載事項を十分に確認しておくようにしてください。

小切手要件には、小切手であることを示す文言や、振出日、振出人の署名捺印といったものが記載されています。

では、小切手の期限はどのくらいなのでしょうか。

小切手の期限

小切手を現金化するうえで銀行に持ち込む場合、支払呈示期間という規定があります。
原則、小切手に記載されている振出日から10日以内に銀行に呈示をしなければならないと決まっています。

ただ、実際には支払呈示期間を過ぎてしまっていても、銀行が振出人から支払いの取り消しを依頼されている、などでなければ支払いを行っているようです。


名古屋の約束手形業者ランキング

龍実商事株式会社 (商業手形割引の専門商社)

割引きの金利も政令に基づいた年率3%から対応してもらえる安心の業者です。また、創業1955年(昭和30年)以来、60年以上の実績と確かなキャリアがあり、業界では唯一ISO9001を承認取得。信頼できる会社といえるでしょう。

設立・実績 昭和30年設立・60年の実績
年率 年率3.0%~
スピード 即日現金化

公式ホームページで詳しく見る

東光商事株式会社

「東光商事」では、年率5.00~13.50%以下と結構幅がありますが、手形にも色々な銘柄があるので、まずはお手持ちの手形を持って行き、相談するのが良いでしょう。

設立・実績 昭和8年設立
年率 年率5%台~
スピード 即日現金化

公式ホームページで詳しく見る

株式会社日証

期日までの日数が極端に短い場合は、割引年率が若干割高になる事がありますが、割引年率3.0%から19.2%の範囲で提示してくれるようです。

設立・実績 昭和28年設立
年率 年率3.0%~
スピード 即日現金化

公式ホームページで詳しく見る

約束手形の疑問

もっと見る

約束手形の扱い・管理方法

もっと見る
  • リスケジュール後の手形割引

    企業の経営状況や資金繰りが苦しいために、リスケジュールをしたいが、なかなかその作業に踏み込めません。 その理由に手形割

    もっと読む

  • 優良手形割引業者の見分け方

    優良な手形割引業者を選ぶには、どのような点に気をつけたらよいのでしょうか? こちらでは、特に注意していただきたい点を挙

    もっと読む

  • 約束手形の書き方

    手形には、約束手形と為替手形があり、通常は企業同士の商取引に利用されるのは約束手形になります。 こちらでは、約束手形の

    もっと読む

  • 約束手形の取立依頼の時期

    手元にある約束手形を直ぐにでも現金に換えたいこともあるかと思いますが、いつ現金化するのがいいのでしょうか。 手形の

    もっと読む

  • 絶対的記載事項と有害的記載事項

    皆さんは手形にどのようなことが書かれているかご存知でしょうか? 手形には、絶対的記載事項と有害的記載事項がありますので

    もっと読む

  • 手形割引の方法

    手形割引を初めてする場合は、安心して取引が可能な手形割引業者なのかどうか不安を持たれることでしょう。 担当者や業者の情

    もっと読む

手形取扱業者の口コミ・評判

もっと見る
ページトップへ